首都圏7つの水道事業体、今年も「首都圏New!水道水キャンペーン」を実施

大相撲元関脇・高見盛の振分親方と言えば、土俵でのロボコップ、食卓でのお茶漬け、というイメージが強いんですけど、この度「水道水」のイメージキャラクターに抜擢されたらしいんで、ご紹介。

キャッチコピーは・・・「水道水。おいしさと安心の決まり手ですね」。ううん、なるほど。

この夏も昨年度に引き続き、首都圏7つの水道事業体が連携して、都県域を越えたキャンペーンを展開します。今年は、水道水の「安全性」と「おいしさ」を伝えることで、みなさまに蛇口から手軽に水道水を飲んでもらうことを目的としています。
元・高見盛の振分親方をイメージキャラクターとしたポスターを、7水道事業体が共同で作成し、首都圏を走る車両への掲出を始めとしたPRを広域的に展開していきますので、ぜひご注目ください。

千葉県の報道資料によりますと、千葉県水道局と共に連携するのは下記の7水道事業体。

  • 千葉県水道局
  • 埼玉県企業局
  • 東京都水道局
  • 神奈川県企業庁
  • 横浜市水道局
  • 川崎市上下水道局
  • さいたま市水道局

b3poster-jr-nyuko-ol
千葉県では「常磐線、総武線、京葉線、武蔵野線、京成線全線」の車両に掲載されるらしいです。
あれっ、内房線や外房線は・・・。

なんか首都圏じゃないって烙印を押されたような、疎外感。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です